東京都労働委員会は組合の申立てを棄却し、不当労働行為を認定せず(交通機械サービス事件)

 

2019年5月15日、 東京都労働委員会より「交通機会サービスによる動労東京への支配介入事件」に対する命令が出された。 この命令は組合の「不当労働行救済申立てをすべて棄却する」という反動的な命令であった。

この事件は、(1)有期雇用契約者の雇用契約がこれまで6ケ月であったものを突如3ケ月に短縮したこと、(2)従来から長らく慣例・慣行として行われてきた、希望者全員が65歳の定年後も再雇用されてきたにもかかわらず、組合の支部長に適用しないかったこと、(3)組合員が一旦出した退職届けを、その取り消しを申し出たにもかかわらず、それを認めず、退職に追い込んだこと、これらの行為が組合つぶしの団結破壊であり、不当労働行為として救済の申立てを行ったものであった。

東京都労働委員会が命令の中で棄却の理由として示したものは、(1)に対しては、契約期間が3ケ月に短縮されたとしても、契約の更新がされているから、実質的不利益が生じているわけではない。また(2)については慣例、慣行があったとは認められないから、嘱託としての再雇用拒否は、特に組合員を職場から排除しようとしたものではない。(3)については、退職届けの取り消しを申し出た時には既に次の欠員補充者が決まっていたから、会社側に正当な理由があった、というものであった。

しかしながらこれらの理由はいずれも極めて不当なものである。なぜならば、雇用契約が6ケ月であったものを3ケ月に短縮したことは明らかに労働者にとって不利益変更であり、それなりの正当な理由がなければならないはずである。労働員会は会社側の理由が正当か不当かを十分に検討し判断することなく、実質的不利益が生じていないということにすり変えて、当然にしなければならない判断を回避したのである。

支部長に対する雇用延長、再雇用について、希望者全員が嘱託採用されてたいたという慣例・慣行が否定された判断はさらに不当なものである。組合は直接の職場である八潮事業所については十分に調査し、希望者全員が嘱託発令されている事実を証明した。しかしなら労働員会命令は、大井事業所の定年退職者についても希望者全員が嘱託となっている事実があるのかどうか不明であるから、「したがって、会社において、定年退職者の嘱託採用希望者は一律に嘱託採用されるとの組合の主張は認められない。」として、慣例・慣行の存在を否定したのである。同じ会社のなかのことであるから、八潮事業所の例から推定して当然に慣例の存在が認定されるべきところ、大井事業所の個々の事例まで希望があったかなかたの証明を組合側に求め、それが出来ていないから組合側の主張する慣例があったとはいえないというのが労働員会の示した判断である。

支部長に対する再雇用拒否が行われる直前まで、希望者全員が嘱託採用されてきたという事実を裏付けるものとして、本社幹部と八潮事業所職員との交流会の席で、「この会社は定年も後70歳まで働けるところです」と言っていた重要な組合側にとって有利な事実も、不当労働行為を判断する事実認定として取り上げられなかった。

退職届けの取り消しが認められなかったことに対して会社側が示した理由である、「すでに欠員補充の対象者が決定している」といことについても、これが不当なものであるにもかかわらず労働員会は十分に検討することなく、それを採用してしまっている。当該組合員が退職届けを出すことは会社側として予定されていたことではないから、 退職届けが出された後、その取り消しを申し出たときまでの日数を見れば、そのような短期間に欠員補充の対象者が確定したとは到底考えられない。組合員の数を一人でも少なくしようとする会社側の意図は極めて明らかである。

またさらに組合側が指摘した重要な事実として、突然の副所長3人の発令がある。八潮事業所の13人のうち8人が組合員として組織されていたこれと対し、組合員の数を相対的に低くするため、会社は大井事業所の3名を当時の組織規程にはなかったにもかかわらず、八潮事業所の副所長として発令したのである。このような重要な組合つぶしの事実もまた、労働員会の命令のなかでは無視されているのである。

組合が不当労働行為であると主張している根拠は、これら一連の事実が動労東京八潮事業所分会が結成されたことを契機として、その直後からつぎつぎと行われてきたことである。東京都労働員会はこのような会社側の急激な変化に注目することなく、判断の根拠となる事実認定に採用しなかった結果として、不当な申立棄却の命令を出したのである。

 

カテゴリー: その他 | コメントする

星野文昭さんの死を乗り越えて、星野さんの遺志を継ぎ、闘おう

星野闘争は、星野文昭さんの無念を晴らす新たな闘いに入った。

5月28日、星野さんの肝臓がんの手術が東日本成人矯正医療センターで行われた。病巣の摘出には成功したが、翌朝になり容態が急変。肝機能・腎機能が不全に陥る中、星野さん自身の全力をふりしぼった生への格闘が始まった。家族、友人、支援者らがかけつけて必死に励まし見守ったが、5月30日午後9時44分、ついに星野さんの生命の火は絶たれた。あまりにも悔しく、こみあげる怒りを抑えきれません。徳島刑務所と日帝国家権力は無実の星野さんを44年間も拘禁し、がんの発症を知りながらその事実を隠して一切の治療も釈放も拒否し続けてきたのだ。まさに殺人行為であり、その結果が今日の事態だ。

星野さんの解放を求めて立ち上がった全国の民衆とともに、権力による犯罪行為の全てを徹底的に暴き、その責任を必ずとらせます。そして、労働者民衆の生活を破壊し生命をも奪って改憲・戦争へ突き進む安倍政権と日帝支配階級を実力で打倒するために、6・9国鉄集会を出発点に総力を挙げて闘いぬきます。

カテゴリー: その他 | コメントする

星野文昭さんの”仮釈放不許可を許さない

四国地方更生保護委員会が3月25日に星野文昭さんの仮釈放を許可しないことを決めて、4月1日に星野さん本人に伝えたことが星野暁子さんの面会でわかりました。その決定を行った井坂巧委員長は、4月1日付で退職し逃亡しました。この暴挙を満身が震える怒りで弾劾します。
星野文昭さんは、面会した暁子さんに「僕は逆境に強いから、こういうことがあると、かえって元気になる。絶対に勝利するよ」と語りました。暁子さんは次のように訴えています。「本当に怒りをもちます。私たちはやれることは全部やりました。にもかかわらず更生保護委員会は、検察官の意見に従ってしまいました。仮釈放と再審を一体で取り組み、絶対に文昭を取り戻します」
星野さんを生きて取り戻すという全人民の怒りと声は、このような暴虐に絶対にくじけはしません。獄中44年を不屈に闘いぬいた星野さん、ともに闘いぬいた暁子さんと家族の悔しさはいかばかりか。私たちはこの悔しさを激しい怒りに変えて、一刻も休むことなく星野さんを取り戻す闘いに立ち上がろう。
2017年2月、「30年問題に全力で取り組み、星野文昭さんを取り戻す」という、星野文昭さんと暁子さん、星野全国再審連絡会議の呼びかけを受けて以来、あらゆる闘いを積み重ねてきました。同年7月に四国地方更生保護委員会への申し入れを行い、今年の2月まで13回の申し入れを重ねてきました。4月15日に角田義一元参議院副議長らの第14回申し入れを受け入れることを更生保護委員会が約束していました。
申し入れで提出した要望書は1万8千人を超えます。この2年余りの間の星野絵画展は170カ所に迫り、約5万人が星野さんの描いた絵を見ました。高松市で2回の全国集会とパレードが取り組まれました。地元紙と全国紙に3回にわたって実現した意見広告が全国に大きな反響を呼び起こしました。
星野解放の訴えは海を越えて広がり、韓国・テグでの絵画展と放送。国連人権理事会への通報を行い、それを報じた外国特派員協会での記者会見は世界に大きな衝撃を与えました。3月19日には参議院議員会館で院内集会が開かれ、無期刑の終身刑化が強く弾劾されました。
安倍政権と更生保護委員会は、これらの巨大な闘いによって星野さんを仮釈放するしかないところに追いつめられました。しかし更生保護委員会は、改憲と戦争に突進する国家権力の意思を体現するために、道理も何もなく今回の決定を強行したのです。
星野文昭さんに「不許可」を伝えた同じ日に、新元号「令和」が大キャンペーンされました。「令」の字源は「人がひざまずいて神意を聴くさま」(『大漢語林』)。不許可の大暴挙を黙って(=和)聴けと言うのが新元号です。
起きていることは、沖縄県民投票・県民大会と辺野古土砂投入との関係と同じです。支配階級が追いつめられているからこそ、既成事実を強引につくり「労働者階級にあきらめさせる」ことを狙っているのです。
星野絵画展と要望書運動が支配階級を追いつめていることに、さらに確信を深め、より巨大な大衆運動を組織することで、星野文昭さんの解放を絶対にかちとりましょう。

カテゴリー: その他 | コメントする

改憲阻止へ5,1にメーデーが行なわれました

「5月1日は労働者の闘いの日です。天皇即位でメーデーをつぶすな!」—-5月1日、東京・中央区の銀座ブロッサム中央会館ホールで5・1メーデー(主催/改憲・戦争阻止!大行進実行委員会)が開催されました。安倍政権は新天皇即位と改元の大キャンペーンでメーデーの圧殺を狙いましたが、これと真正面から対決し、全国の職場・地域から決起した815人の固い団結で戦闘的な集会とデモが闘いとられました。なんぶユニオンの仲間も多数参加しました。

銀座へ堂々とデモ

た。

カテゴリー: その他 | コメントする

4・29「天皇制について考える」講演会へ行こう 

戦争と天皇、沖縄と天皇、の歴史を考えてみよう。

カテゴリー: その他 | コメントする

メーデーに行こう!

天皇制で「労働者の日」をつぶすな。声をあげよう”改憲・貧困もNO”

カテゴリー: その他 | コメントする

「働き方改革」関連法が4月1日、施行

この「働き方改革」は、正規労働者を非正規労働者の労働条件に下げて「非正規労働者がいない社会」を作るのが目的です。組合の力でこの攻撃をはねかえそう。

東京新聞4月1日号

カテゴリー: その他 | コメントする

3.31三里塚全国集会へ!50年の歴史を誇りにしてまだまだ負けない。

沖縄も福島も我慢の限界、労働者も農民も黙ってないぞ!犠牲になるのはもうごめんだ。一緒に声をあげよう!

カテゴリー: その他 | コメントする

3月23日に「3.1独立運動100年ー加害の歴史と私たち」集会へ!

日本の植民地支配をこれを機会に考えてみよう。

 

カテゴリー: その他 | コメントする

3.11反原発行動に参加をしよう

原発事故は終わっていない。

カテゴリー: その他 | コメントする