Home

なんぶユニオン

東京南部地区から改憲反対の闘いをつくろう

「改憲させない」「二度と戦争をしない」「教え子を再び戦場に送らない」は、戦後の焼け野原の中から再出発した日本の労働組合、民衆の闘いの最も重要な原点でした。それは1987年に中曾根首相(当時)が、「総評、社会党」をつぶし、お座敷を綺麗にし、立派な憲法(安倍内閣が今考えているような、戦争をする憲法)を安置する」と言って、国鉄分割・民営化を強行した後も改憲に手を付けられない力関係を維持してきました。又、沖縄・広島・長崎・福島・三里塚などの闘いがその土台を支えてきました。東京南部地区もなんぶユニオンに結集する労働者と共にこれからもその土台となって改憲反対の労働運動をやっていきましょう。

 

財務省、公文書改ざんで崩壊寸前の安倍内閣に改憲させない!3,25日比谷野音へ

安倍政権の改憲と戦争、「働き方改革」、財務省の公文書改ざんなどに労働者の怒りが噴出する中、いまJR東日本の職場で重大な事態が進んでいます。JR発足以来続いてきた東日本旅客鉄道労働組合(東労組)と資本の労資結託体制が崩壊し、東労組から大量の脱退者が出ています。労働者の利益を裏切り続けた最悪の御用組合=東労組の大崩壊が始まった今こそ、JRとすべての産別・職場に、闘う労働組合をよみがえらせよう。3・25日比谷大行進に結集し、安倍政権を打倒しよう!
30年間の労資結託が崩壊
1987年の国鉄分割・民営化以来三十余年、労働者の決起を抑えつけてきたJR資本とJR総連・東労組の労資結託体制がついに崩壊しました。2月に東労組が賃金問題で「スト準備指令」を発したことをきっかけに、JR東日本は1万人に及ぶ本社・支社の管理職・幹部社員を一斉に東労組から脱退させました。さらに、「信頼関係が失われた」として2月26日に「労使共同宣言」の破棄を通告しました。これが東労組の崩壊の引き金を引き、東北3地本(仙台、秋田、盛岡)、大宮、新潟、高崎地本などで脱退へ向けた動きが拡大しています。4万6千人(昨年10月)だった東労組からすでに1万数千人が脱退しました。
JR東日本が「労使共同宣言」の破棄に踏み出した背景には、JR体制の危機があります。本業の鉄道部門の収益力低下、ローカル線の赤字、安全崩壊、技術力低下など国鉄分割・民営化の矛盾・破綻が噴き出し、今までどおりのやり方ではやっていけなくなったのです。資本の存亡をかけて18〜20年のJR大再編すなわち水平分業―分社化と転籍を進めるためには、たとえファシスト御用組合であっても労働組合である限り解体するしかないと踏み切ったのです。
それゆえ、JR資本の攻撃の矛先はJRで働くすべての労働者と労働組合に向けられています。会社側は異常な弾圧体制を強め、乗務員の詰め所やホームの休憩所に録音もできる監視カメラを設置するなど、労働者が一息つくこともできない職場環境をつくろうとしています。絶対に許せない人権侵害であり、鉄道の安全を損なう暴挙です。動労総連合は今、全力で反撃に立ち上がっています。
首切りの先兵=東労組カクマル
そもそもJR総連・東労組とはどういう組合でしょうか。その中心は国鉄時代の動労カクマルです。彼らは1986年に国鉄当局と「労使共同宣言」を結び、「分割・民営化の支持」「勧奨退職への全面協力」「民営化後もストライキ自粛」を誓いました。労働組合でありながら首切りに加担し、労働組合のもっとも大事な権利であるストライキまで放棄すると誓ったのです。そして当時の中曽根政権の手先となり、国鉄労働者20万人の職場を奪い200人を自殺に追い込んだ国鉄分割・民営化の先兵となったのです。中曽根は後に「国鉄の労組をつぶし、総評をつぶして改憲をやる。その目的で分割・民営化をやった」と公言しました。動労カクマルはこの中曽根に全面協力し、労働者の首を切って生き延びたのです。そして分割・民営化後、JR総連・東労組カクマルは、資本による大合理化と外注化を率先して進め、労働者の権利を売り渡し、労働者の怒りの爆発を抑えつけてきました。
国鉄分割・民営化が、その後の全社会的な民営化の突破口となり、労働者を低賃金・無権利の非正規職に突き落とす労働大改悪につながったことを振り返れば、動労カクマル―東労組カクマルが果たした犯罪的な役割はとうてい許すことができません。その東労組が、会社から支持を切られたとたんに、もろくも崩壊を始めたのです。
労働組合はどんな困難なときも、労働者の団結と信頼だけに依拠して闘う力をもたなければ成り立たないのです。職場には闘う労働組合が絶対に必要です。
JR大再編は鉄道の解体
「第3の分割・民営化」とも言うべき18〜20年のJR大再編は、鉄道業務を何十もの子会社にばらばらに分社化し、JR本社は持ち株会社となって利益優先で労働者を搾取し支配するものです。それは労働者に転籍と賃下げ、労働強化をもたらします。さらにJR各社は鉄道業務のさらなる合理化=要員削減と外注化、地方線の削減・廃止を進めようとしています。鉄道の安全は崩壊し、線路が廃止される地方は職場も学校も病院も成り立たず、住み続けることすら困難になります。JR各社は安倍政権と一体となって、資本の利益追求のために労働者を奴隷のようにこき使い、社会を壊すことをやっているのです。絶対に許せません。
動労千葉は1985―86年に、労組つぶしを狙った中曽根の分割・民営化と真っ向から対決して2度のストライキを闘い、組合の団結を守り抜いて、今日まで闘ってきました。そして国鉄労働者1047名の不当解雇撤回・原職復帰の闘いを継続し、職場でJRの業務外注化攻撃と闘い、CTS(千葉鉄道サービス)の職場では非正規職労働者の雇い止めを許さず、希望者全員の無期雇用への転換を実現しました。地方線削減・廃止攻撃に直面する房総半島では、地域住民と団結して闘っています。
また動労水戸・動労福島をはじめとする動労総連合は職場闘争を闘いつつ、福島の人びとに被曝と帰還を強制する常磐線の全線開通攻撃に反対し、住民とともに闘っています。
労働者の団結と権利を守り抜いてきた動労総連合の闘いは、労働者が団結して闘えば必ず勝利できることを示しています。JR職場で働くすべての労働者は、今こそ動労総連合に結集して闘おう。
全産別に闘う労働組合を
JR東資本の新たな攻撃は安倍政権の決断によるものです。安倍首相は、財界の要望にこたえて残業代ゼロ法など「働き方改革」関連法案の成立を狙うとともに、秋の臨時国会での改憲発議、来年春までの改憲国民投票を狙っています。日本の労働者階級は、戦後一貫して労働組合を拠点に改憲・戦争反対の闘いを貫いてきました。だから安倍は労働者の闘いを恐れ、改憲推進組合のUAゼンセン幹部を使って連合の分裂・解体を策動するとともに、JRで労働組合を一掃する攻撃に踏み出したのです。
国鉄闘争をともに闘ってきた自治労、日教組、都労連も重大な決戦を迎えています。Jアラート(全国瞬時警報システム)を使った避難訓練は自治体労働者、教育労働者を国家の命令に服従させ、戦争体制に組み敷く攻撃であり、自治労・日教組・都労連を解体する攻撃です。組合ぐるみで反対の声を上げましょう。
労働運動の力で社会を変えよう
朝鮮半島をめぐる戦争の危機の中で、4月「南北首脳会談」に続き5月「米朝首脳会談」の開催が発表されました。韓国ではこのかん、ゼネストでパククネ前政権を倒した民主労総を先頭に「朝鮮半島を再び戦場にさせない」闘いが続けられてきました。そのためムンジェイン政権は米日との軍事協力を進められず、米日韓3国軍事同盟の構築も阻まれているのです。韓国民衆の闘いこそ、トランプの戦争突入を阻む大きな要因です。戦争を阻止し社会を変える力は、労働者の団結した闘いにあることを、韓国・民主労総の闘いは証明しています。しかし、これで戦争の危機が去ったわけではなく、トランプと安倍はあくまでも戦争突入の機をうかがっています。
財務省による公文書改ざんは安倍政権の犯罪であり、絶対に許せません。今こそ、すべての労働者が産別の枠をこえて団結し、腹を固めて改憲・戦争絶対反対、安倍打倒の闘いに立つ時です! 動労千葉をはじめ闘う労働組合・人士が呼びかける3・25改憲阻止大行進に結集しましょう!

————————————————————
9条改憲発議絶対反対! 朝鮮戦争とめよう!
3・25大行進 in HIBIYA
3月25日(日)午後1時〜3時 集会後、銀座をデモ行進
東京・日比谷野外音楽堂(東京都千代田区日比谷公園1―5)
主催/改憲・戦争阻止!大行進実行委員会 呼びかけ/西川重則(とめよう戦争への道!百万人署名運動事務局長)、根津公子(「日の丸・君が代」不起立被処分者)、花輪不二男(世田谷地区労顧問)、全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部、全国金属機械労働組合港合同、国鉄千葉動力車労働組合

残業代ゼロ、過労死強制の 「働き方改革」法案を廃案に!(なんぶユニオンニュース3月1日付)

「働き方改革」は改憲攻撃

戦後の労働法制を根底から破壊する「働き方改革」法案が今国会に上程され、強行採決がねらわれています。「働き方改革」は、8時間労働法制を解体し、賃金を極限的に下げ、さらに残業代をゼロにして、そして何よりも「過労死」を多発させる、労働者には絶対に許せない法案です。この法案は労働現場の労働条件を最大限劣悪化するだけでなく、労働者の団結を破壊し、労働組合の力を解体して、改憲反対のたたかいを奪い取る攻撃です。改憲攻撃そのものです。「働き方改革」粉砕は、改憲攻撃を粉砕するたたかいです。

「8時間労働制の解体」

この「働き方改革」は、資本主義が登場し労働者階級が生み出された、その時から血と汗でかちとってきた8時間労働制を裁量労働制に塗り替えて、長時間労働、強労働、低賃金の労働監獄、過労死の職場に変えようとするとんでもない攻撃です。今回の法案の軸である裁量労働制とは、「与えられた仕事が終了する」まで、何時間でも働かされる過労死労働を強制する攻撃です。政府は、裁量労働制にすれば、労働時間が短縮されると宣伝し、「データ」をねつ造してまでも強行採決を狙っています。また、裁量労働制は、労働時間と賃金の関係を打ちこわし、最低賃金制を解体し、残業代もゼロにする、労働者が食っていけない職場に変えていく攻撃です。

労働運動を絶滅するもの

またこの法案は、「テレワーク(=個人請負)」を規制を緩和し、労働者を事業主として、労働者保護制度を全面的に労働者に押し付け、労働者に負担を背負わせます。それだけではなく、労働者を個人事業主にバラバラに分断し、「経営者」にしたてあげ、労働者の団結権を奪い取り、「賃金・労働条件」の要求のたたかいを封じ込める法案です。
この法案の核心は、労働者のたたかう団結をバラバラに解体し、労働運動を絶滅していく攻撃です。労働者と資本・経営者の力関係を変えて、「解雇(の自由)」攻撃を背景に労働者全体を総非正規化する攻撃でもあります。今こそ、労働者が団結して、この法案を阻止、粉砕しよう。いま現在、労働者の怒りは激しく燃え上がっています。
3・7「働き方改革」粉砕の国会闘争に立ち上がろう。

動労千葉18年問題 闘いの勝利

動労千葉は千葉鉄道サービス(CTS)の18年「大量解雇」攻撃と闘い、全員「無期転換」をかちとりました。このたたかいのきりひらいた地平を確認しよう。
ひとつめは、動労千葉の「正規と非正規」が団結した組合の存在とたたかいです。
「労働者はひとつ」を実践的に体現し、たたかっています。このたたかいのすごいことは、「無期転換」に「試験・面接」と条件を付けてきたが、そのすべてを吹き飛ばし、「希望すれば全員無期転換」をたたかいとったことです。この実力闘争を団結の力でかちとったことです。ここに今回の最大の勝利があります。どんな「ルール」があったとしても労働者が「団結してたたかえば勝てる」を明らかにしたことです。職場に労働組合を結成し、団結してたたかえば、必ず資本の支配を食い破って勝てる展望を示したことです。
ふたつめは、この勝利の地平も大勝利の道を切り開いたにすぎないと言い切って、団結をさらに固めて「大幅賃金獲得、労働条件の改善」のたたかいに突き進んでいることです。

労働者こそ職場の主人公

みっつめは、このたたかいの地平を全労働者、全職場に呼びかけてたたかい、労働者こそが「職場の主人公」として登場し、全国的な団結形成の先頭に立ち、たたかっていることです。すべての労働者、全職場でこの勝利の教訓を実現すべくたたかおう。
さらに重大な確認をしよう。平昌オリンピック終了直後、最大規模の米韓軍事演習が行われます。朝鮮侵略戦争の一触即発事態は、後戻りのない情勢として進行しています。この情勢と一体で、安倍・自民党は、秋にも改憲発議し、19年念頭にも「国民投票」を行おうとしています。3月25日の自民党大会で、改憲法案を決定し、一気に改憲に突き進みます。朝鮮戦争の現実化と改憲攻撃の加速を何が何でもストップさせよう。
3・25「改憲阻止大行進inHIBIYA」が闘われます。職場、地域の仲間を全力で誘って日比谷野音に結集し、銀座大デモを闘おう。

——————————————————————————

9条改憲発議絶対反対! 朝鮮戦争とめよう!
3・25大行進in HIBIYA

3月25日(日)午後1時〜3時
日比谷野外音楽堂
東京都千代田区日比谷公園1―5
東京メトロ・霞ヶ関駅、都営三田線・内幸町駅下車
集会後、銀座をデモ行進
主催/改憲・戦争阻止!大行進 実行委員会

無期転換の申し込みを仲間と一緒に申し込みをしよう。

労働相談はなんぶユニオンへ

 

動労千葉が、JRの労働委員会の斡旋拒否を不当労働行為で労働委員会闘争始める。

なんぶユニオンニュース2月号

福島から安部とトランプの核戦争止めよう

再稼働絶対反対 第30弾 2.20東電直撃デモに参加しよう

動労千葉はJRに団交開催、解雇撤回労働委員会闘いをはじめる

Home

検索
フィード
メタ情報

Return to page top