生活保護費の不当な返還要求を非職員に行わせる、中野区の非常識

生活保護費の不当な返還要求を非職員に行わせる、中野区の非常識

 

生活保護に関する業務を外部委託化しようとする自治体の動きが広まっている。それによって起きる問題とは何か(写真はイメージです) Photo:PIXTA

違法委託「ケースワーカー」による
違法な返還要求の実態

 生活保護は国の制度であり、実施は各自治体が行うこととなっている。実施にあたるのは、各自治体が設置した福祉事務所の職員たち、つまり公務員でなくてはならない。その理由のうち重大なものは、人間の生命と生存に直結する重大な業務であることと、多額の現金を取り扱う業務であることの2点に加え、国に代わってそれらの業務を行うことである。

 しかし、生活保護ケースワーク業務を外部委託化しようとする政府の動きが、2019年後半から活発化している。そして一部自治体では、政権の意向を先取りするかのように、ケースワーク業務の実質的な外部委託が行われている。現在、この問題で関心の中心となっているのは、庶民的で暮らしやすいイメージと利便性を兼ね備えた地域として知られる、東京都中野区だ。

 中野区が実質的にケースワーク業務を外部委託していることは、「生活保護で暮らす中野区の70歳代の男性が、担当者から保護費の違法な返還を指示されて困り果てた」という成り行きから、偶然、明らかになった。

 路上生活の経験が長かった70歳代の男性・Aさんは、現在は中野区のアパートで単身生活を続けている。路上生活時代の節約の習慣が残っているAさんは、月々の保護費から少額ながら貯金を続けている。70歳以上の高齢者に対する保護費は、2004年から2006年にかけて、「老齢加算」の廃止という形で大幅に減額されている。

 以後、生活保護費を削減するために政府が検討を重ねるたびに、高齢者に対しては、「もう、下げしろがない」という結果となっている。それほど少ない保護費から貯金するとは、驚くべきことだ。

2020年、Aさんはアパートの更新時期を迎えた。もちろん、更新料は生活保護制度から給付される。中野区も、更新料をAさんに給付した。ところがその後、中野区の「担当者」は、Aさんに「貯金があるのなら更新料の返還を」と述べ、返還するための納付書まで送付したのだった。保護費から貯金すること自体は禁止されていないし、用途も自由である。貯金残高は、毎年の資産申告によって確認されている。貯金から更新料を支払うように求めるのは、違法である。

 Aさんは、アパートに入居するにあたり、支援団体のサポートを受けていた。支援団体はその後も、Aさんとの信頼関係を維持していた。Aさんが精神的に追い詰められていたことから、支援団体は、Aさんが中野区から更新料の返還を求められていることを知ることとなった。

 問題は、保護費の違法な返還要求だけではない。Aさんの「担当者」は中野区職員ではなく、中野区が業務委託を行っていた新宿区のNPOの職員であった。Aさんのもとに届いた中野区役所の封筒には、NPO職員の名があった。NPO職員は堂々と、中野区職員でなくてはならないはずの業務を、自らの名で行っていたわけである。

高齢者への専門的支援が名目
華麗すぎる中野区の「丸投げ」

 中野区の見解では、NPOに生活保護業務そのものを委託しているわけではない。名目は「高齢者居宅介護支援事業」である。高齢者福祉は、難解で手続きが煩雑な上、細かな変更がしばしば行われる。高齢の当事者に利用を勧めたいケースワーカーの立場としても、高齢者福祉の専門家による支援を受けたいところであろう。

 この事業の内容は、「高齢世帯へ各種福祉サービスを活用して安定した居宅生活が送れるよう支援する」となっている。業務内容は、仕様書によれば「65歳以上の生活保護受給者の福祉サービスの利用に係る相談援助など」「高齢者特有の課題に対する支援、調査」「対象者に生活保護の適正な実施を図る」というものである。「生活保護の適正な実施」は、区の職員であるケースワーカーの補助に留まる限り、違法性があるとは言い切れない。仕様書にも、「保護の決定を伴うもの」は除くことが明記されている。

ところがAさんの事例では、NPO職員が貯金の金額を知り、いったん給付したアパートの更新料の返還を求め、納付書を作成して送付している。生活保護業務の中心にある「保護費の給付」に関する判断、しかも不利益変更の判断を行っているのである。もしも区職員であっても、「貯金があるのなら返還すべき」と判断して返還を求めることは、違法である。

 Aさんの事例が発覚したことから、中野区議会での質疑などで、実態が明らかになってきた。生活保護受給者に対しては、区職員であるケースワーカーが、少なくとも年に2回の訪問調査を行なう必要がある。しかし実際には、他業務を委託されたはずのNPO職員が訪問調査を行い、手続きに必要な書類を提出させ、費用の支給や返還にかかわる決定を行っていた。

 最終的な決定は、区のケースワーカーが行ったことになっているが、会ったこともない生活保護受給者の書類に印鑑を押しただけであった。区のケースワーカーは、高齢世帯に対しては、ほとんど訪問を行わなくなっていた。

 中野区は議会答弁などで、NPOが行っているのは「あくまでも補助業務であり、決定は区職員が行っている」としている。しかし実のところ、訪問調査を行い、ケース記録を作成し、援助方針を立てるケースワーク業務は、ほぼ全面的にNPO職員が行っていた。もはや、ケースワーク業務そのものの「丸投げ」であろう。偽装請負として、労働基準法上の問題となる可能性もある。

管製ワーキングプアから
憎しみを向けられる生活保護受給者

 中野区の華麗すぎる「丸投げ」の背景は、人件費削減への圧力であった。「公務員減らし」は、1980年代からの流れである。問題となっている「高齢者居宅介護支援事業」は、2010年から開始され、現在は11年目となっている。いわゆる「民間活力の導入」だ。しかし、いったん業務委託が行われると、とめどなく人件費を削減する流れに傾くことが少なくない。

この問題を追及し続けている中野区議の浦野さとみ氏は、区の人件費見積もりとNPOの事業報告書による人件費との乖離にも注目している。本事業で雇用されている14人の職員の人件費は、手取りでは生活保護費と同等になっている可能性もあるという。

 14人のうち9人は、社会福祉士やケアマネージャーなどの資格を持っている。「簡単に取得できるわけではない資格を持ちながら、生活保護並みの給料しか受け取っていない」という憤懣が、生活保護で暮らす人々に向けられたら、何が起こるであろうか。Aさんが受けた理不尽な仕打ちの背景に、「官製ワーキングプアによる生活保護への憎しみ」による生活保護への憎しみ」という感情がある可能性は、考えずにいられない。

中野区は氷山の一角
税金が勝手に「委託」に使われる?

本連載の著者・みわよしこさんの書籍『生活保護リアル』(日本評論社)好評発売中

 そして、中野区の事例は氷山の一角であった。支援者や法律家や研究者たちが協力し、全国で事例を収集し、多数の類似事例が明らかになりつつある。最大の問題は、納税者のほとんどが何も知らないうちに、これらの「委託」が行われていることである。

 生活保護にかかわるコストは、削減を歓迎する人々もいるだろう。しかし、住民の誰かの住み心地がジワジワと侵食されていくとき、中長期的にはあらゆる住民に対して、何らかのデメリットが発生するものである。

「中野区には、自浄作用を働かせてほしいです。こういう問題が起きたとき、隠したり誤魔化したりしないで、反省すべきところは反省してほしいです」(中野区・浦野さとみ区議)

 あなたの街は、大丈夫だろうか。納税者として、「私たちの税金」の使われ方を注視し、怒ってよいはずだ。

(フリーランス・ライター みわよしこ)

カテゴリー: その他 | コメントする

ミャンマーのヘルメット販売商「好きなだけ持って行って、生きて帰ってきて」

ミャンマーのヘルメット販売商「好きなだけ持って行って、生きて帰ってきて」

登録:2021-03-05 02:20 修正:2021-03-05 09:46
銃撃が始まると、無料で保護具を配りはじめ

ミャンマー市民に無料でヘルメットと保護ベストを配る男性=フェイスブックより//ハンギョレ新聞社

 「必要なだけ持って行って、必ず生きて帰って来ると約束してください」

 軍部による銃撃で38人の死者が発生したミャンマーに、保護装具を無料で配る市民が登場した。

 4日、ミャンマー市民のフェイスブックによると、あるミャンマーの男性が街頭にプラスチックのヘルメット数百個と保護チョッキを持ってきて、市民に無料で配った。男性は、数は好きなだけ持って行って、必ず生きて帰ってこいと書いたプラカードを手にしていた。

 ミャンマーでは、保護ヘルメットをかぶらないでデモに参加し、軍部による銃撃を受けて死亡する例が増えている。3日に第2の都市マンダレーで行われたデモでも、保護ヘルメットをかぶっていなかった19歳の女性が頭に銃撃を受け、死亡している。

 その際にこの女性が着ていた黒いTシャツには「Everything will be OK(すべてうまくいくだろう)」と記されており、この文句はミャンマー市民にとって希望の象徴となりつつある。

チェ・ヒョンジュン記者

(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

http://www.hani.co.kr/arti/international/international_general/985393.html韓国語原文入力:2021-03-04 14:05
訳D.K

カテゴリー: その他 | コメントする

全受刑者の即時釈放を!

カテゴリー: その他 | コメントする

立川談四楼 遺骨が眠る沖縄の土の埋め立て利用に怒り「よくそんな鬼畜の発想が出たものだ」

立川談四楼 遺骨が眠る沖縄の土の埋め立て利用に怒り「よくそんな鬼畜の発想が出たものだ」

配信

東スポWeb

立川談四楼

 落語家の立川談四楼(69)が5日、戦没者の遺骨が眠った土での埋め立てを、ツイッターで痛烈に批判した。

 米軍普天間飛行場の名護市辺野古沿岸部への移設に伴い、防衛省は沖縄本島南部からの埋め立て用土砂の採取を検討している。沖縄本島南部は太平洋戦争末期の沖縄戦で激戦地となり、今なお犠牲になった住民らの遺骨が土の中に眠っているため、批判の声が上がっている。

 談四楼は「辺野古基地反対は県民投票で結果が出ている。政府はこれを踏み躙り建設を強行しているが、ついに沖縄南部の土を埋め立てに使うと言い出した。そこには地上戦で散った軍民の遺骨が多く眠っている」と指摘。続けて「未収集の遺骨は2000柱と言われるが、よくそんな鬼畜の発想が出たものだ。どこまで沖縄を足蹴にするのか」と怒りをあらわにした。

カテゴリー: その他 | コメントする

ウーバー報酬引き下げ「中止を」 労働組合が抗議声明

ウーバー報酬引き下げ「中止を」 労働組合が抗議声明

配信

共同通信

抗議声明を発表する「ウーバーイーツユニオン」の土屋俊明執行委員長=5日午後、東京都内

 料理宅配サービス「ウーバーイーツ」の配達員らでつくる労働組合「ウーバーイーツユニオン」は5日、配達報酬の一方的な引き下げに対し「あまりにも不当な料金で配達員の生活を破壊している。直ちに中止すべきだ」とする抗議声明を発表した。

 東京都内で記者会見した土屋俊明執行委員長は「最低賃金を大幅に下回っており、会社側に(差額分の)補填を強く要求する」と語った。

 ウーバーイーツジャパン(東京)は3月から、福岡県と京都府で新たな報酬体系を導入した。配達基本料の水準が下がり、関係者によると、報酬総額は平均で約3割下落しているという。

カテゴリー: その他 | コメントする

沖縄・糸満で戦死者とみられる遺骨8体 ガマで発見

沖縄・糸満で戦死者とみられる遺骨8体 ガマで発見

配信

毎日新聞

沖縄県糸満市八重瀬町

 沖縄県糸満市で2月末~3月、大人6人分、子ども2人分とみられる遺骨が見つかった。

 現場は太平洋戦争末期の沖縄戦で旧日本軍が使っていた壕(ごう)の奥にあり、日本兵ら沖縄戦の死者とみられる。

 沖縄本島では戦後76年の今も犠牲者の遺骨が見つかっているが、8人もまとまって見つかるのは近年では珍しい。

【138年ぶりにドイツ側から返還された遺骨が納められた木箱】

 発見したのは、沖縄戦の犠牲者の遺骨や遺品を探して遺族に返還する活動をしている団体「みらいを紡ぐボランティア」。約20年前から遺骨収集に取り組む青森県の写真家、浜田哲二さん(58)が妻律子さん(56)と運営している。  

 遺骨は自然洞窟「ガマ」を利用した陣地壕の入り口から約20メートルの最深部で、ごみや岩の下から見つかった。近くには軍靴約10足と軍服のボタン数個があった。

 壕の入り口付近には「中川」と刻まれた万年筆や将校用の飯ごうなどもあったが、遺骨との関係は分からない。日本兵が通常持っていた手投げ弾などはなく、浜田さんは「近くで亡くなった遺体をここに埋葬したのでは」と推測する。

 遺骨は今後、県の戦没者遺骨収集情報センターに届け、厚生労働省に遺族を探すためのDNA鑑定を求める。浜田さんによると、この一帯では旧陸軍第24師団の歩兵第32連隊第1大隊が米軍と戦闘になり、35人が戦死したという記録がある。

 大隊は北海道出身者を中心に構成されており、浜田さんは「遺族を探して、DNAの照合を呼び掛けたい」と話している。

 沖縄では、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設計画を巡り、防衛省が沖縄戦の激戦地・沖縄本島南部から取った土砂を埋め立てに使うことを検討。「遺骨混じりの土を基地建設に使うのか」と批判の声が上がっている。

 遺骨収集に取り組んできた具志堅隆松さん(67)は那覇市の県庁前で1日から抗議の座り込みを続けている。浜田さんは「国が遺骨収集にしっかり取り組んでこなかった結果、沖縄本島の中南部にはまだ土の中に埋もれたままの遺骨が残っている」と話す。

 県によると、2019年度に収集された戦没者の遺骨は暫定値で59人分。15年度までおおむね年間100人分を超えていたが、近年は減少している。【遠藤孝康】

カテゴリー: その他 | コメントする

Tシャツには「全てうまくいく」…ミャンマーデモで撃たれ死亡の10代女性

Tシャツには「全てうまくいく」…ミャンマーデモで撃たれ死亡の10代女性

配信

AFP=時事

ミャンマー・マンダレーで、抗議デモ中に頭を撃たれ亡くなったチャル・シンさんのポスターを掲げ、葬儀に参列する人たち(2021年3月4日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】ミャンマー第2の都市マンダレー(Mandalay)で3日、軍事クーデターに抗議するデモに参加していた若い女性が銃で撃たれ、亡くなった。着ていたTシャツの胸元には、英語のメッセージが記されていた──「全てうまくいくよ(Everything will be ok)」。

【写真】チャル・シンさんの葬儀の様子など8枚  

 ダンスが大好きで、「天使」の愛称で知られたチャル・シン(Kyal Sin)さん(19)は、いつもファッションにメッセージを託してきた。黒い上着の背中に「私たちには民主主義が必要だ。ミャンマーに正義を。国民の投票結果を尊重せよ」というスローガンを貼り付けて、軍事クーデターに対する抗議デモに参加したこともあった。  

 「全てうまくいくよ」という言葉は、たちまち新たなスローガンとなってソーシャルメディアで広がった。4日に行われた葬儀には数千人が参列した。

 チャル・シンさんにとって、ミャンマーに民主主義を取り戻すことは、自分の身の安全よりも重要だった。そして、2月1日に起きたクーデターで拘束されたアウン・サン・スー・チー(Aung San Suu Kyi)国家顧問の解放を求める全国的な抗議デモに身を投じた。

 今週には、抗議デモに行く前にフェイスブック(Facebook)に血液型と電話番号を掲載し、もし自分の身に何かあれば、臓器を提供すると書き込んでいた。

 国連(UN)によると、3日のデモでは少なくとも38人が死亡。クーデター発生後、最悪の流血の事態となった。

 ソーシャルメディアに投稿された動画には、撃たれる直前のチャル・シンさんの様子が映っていた。銃声が響き、催涙ガスが立ち込める中、道路を這い物陰に隠れようとしていた。

 医師はAFPの取材に、チャル・シンさんは頭を撃たれたと話した。

 チャル・シンさんの死が報じられると、インターネットには追悼の言葉や彼女を描いたイラストなどがあふれた。

 4日午前には、人々が花束や花輪を手にひつぎの前に列をつくり、ミャンマーで広く歌われる革命歌「この世の終わりまで忘れない」を歌った。  ネットでは多くの人がチャル・シンさんを殉難者とたたえ、悲しみを分かち合っている。フェイスブックでチャル・シンさんとつながっていた男性は、こう追悼の言葉を寄せた。「安らかに眠ってください、友よ。われわれは最後までこの革命を闘い抜きます」 【翻訳編集】 AFPBB News

カテゴリー: その他 | コメントする

ドクヘリ運航中に約30センチのアンテナなくなる 佐賀県

ドクヘリ運航中に約30センチのアンテナなくなる 佐賀県

配信

佐賀ニュース サガテレビ

サガテレビ

 4日佐賀県のドクターヘリが長崎県に出動したあと、無線通信用の長さおよそ30センチのアンテナの一部が、折れてなくなっていたことが分かりました。

 佐賀県ドクターヘリを運航する西日本空輸によりますと、4日午前、長崎県に出動し患者を佐世保市内の病院に搬送後、佐賀大学医学部附属病院に戻って機体を点検したところ、普段ほとんど使用しない無線通信用のアンテナの一部が折れてなくなっていたということです。

 折れた部分は長さおよそ30センチ、重さは32グラムほどで、いまのところ被害などは確認されていません。佐世保市内の病院から離陸する際にはアンテナがあることを整備士が確認していて、佐賀大学医学部附属病院までの飛行中に何らかの原因で折れたものとみられています。

 現在はすでにアンテナを交換し、ドクターヘリの運用に問題はないとしています。

 

カテゴリー: その他 | コメントする

治安部隊銃撃、1人死亡 全土で大規模停電 ミャンマー

治安部隊銃撃、1人死亡 全土で大規模停電 ミャンマー

配信

時事通信

5日、ミャンマー最大都市ヤンゴンで、クーデターを起こした国軍への抗議デモを行う医療従事者や学生ら(AFP時事)

 【バンコク時事】ミャンマーの最大都市ヤンゴンなど各地で5日、クーデターを実行した国軍に抗議するデモが続けられた。

 第2の都市マンダレーでは治安部隊の銃撃で男性1人が死亡した。

 目撃者によると、男性は治安部隊が学生デモ隊を追い掛けるのを阻止するため、道路にバリケードを築こうとして首を撃たれた。バチェレ国連人権高等弁務官によれば、ミャンマーではクーデター後、4日までに少なくとも54人が国軍と警察の銃撃などで死亡し、1700人以上が拘束されている。

 一方、ミャンマー全土で5日午後、大規模な停電が発生した。電力・エネルギー省は、システム故障が原因でデモとは無関係と説明している。 

カテゴリー: その他 | コメントする

中止一択!東京五輪 そしてオリンピック廃止へ! 3.6 JOC前アクション&デモへ

レイバーネット転載記事

中止一択!東京五輪 そしてオリンピック廃止へ! 3.6 JOC前アクション&デモへ https://kosugihara.exblog.jp/240866027/

 [転送・転載歓迎/重複失礼]

 森喜朗の後継は、レイシスト川淵三郎こそ頓挫したものの、森を「父」 「師」と仰ぎセクハラ前科のある橋本聖子に。その後任は「夫婦別姓反対」 の丸川珠代と、性差別を次々と露呈させる恥知らずの玉突き人事です。 組織委員会の理事の構成も、急場の数合わせで「ジェンダー平等」を装い、 利権の死守に突き進むばかり。3月25日には、このコロナ禍でまさかの聖火 リレーが強行されようとしています。腐った”五輪マフィア”の息の根を止 めるには、市民が意思表示するしかありません。 3月6日のデモにぜひご参加、ご注目、ご取材を!

<関連>

【ともに重要な声明です。ぜひご一読ください!】

◆家父長制権力構造を温存する「ジェンダー平等な」解決策を拒否し、 東京オリンピック・パラリンピックの即時中止を求める声明 (2月22日、アジア女性資料センター) https://jp.ajwrc.org/4376

◆森辞任で幕引きなんて許さない! 性差別者たちのための砦 オリンピック・パラリンピックを廃止せよ! (2月12日、反五輪の会) https://tmblr.co/ZVXF2tZhxsbTOe00

※ちなみに、JOC(日本オリンピック委員会)の63人の評議員中、女性は わずか1人 https://www.joc.or.jp/about/councilor/

★組織委員会に「東京オリパラを中止しろ」の声を届けてください!

TEL 0570-09-2020 (9時~17時、土日祝除く) - ********************    中止一択! 東京五輪   そしてオリンピック廃止へ!    JOC前アクション&デモ     ********************

■日時:3月6日(土) 14:00~ (15:00 デモ出発)

■場所:日本オリンピックミュージアム(JOC)前 *地下鉄銀座線 外苑前駅5分、大江戸線 国立競技場駅10分)、JR千駄ヶ谷駅12分 https://japan-olympicmuseum.jp/jp/access/

※コロナ感染に注意しながら行います。ご無理のないようにご参加ください。

■共催:反五輪の会/「オリンピック災害」おことわり連絡会  連絡先TEL:080-5052-0270

★同日JOC(日本オリンピック委員会)へ署名提出行動も行います。 「二つの緊急事態宣言 ~福島と東京~ #森喜朗の女性差別を許さない #東京2020 の中止を求めます【全世界賛同署名】」 へのご協力もよろしく。

1)署名サイト http://www.2020okotowa.link/2020olympics_chushi_shomei/

2)メールで送る no-olympics-shomei@protonmail.com

3)郵便で送る

〒101-0063 千代田区神田淡路町1-21-7 静和ビル1階A(ATTAC首都圏気付) 「2020オリンピック災害」おことわり連絡会 宛

【拡散にご協力を】 http://www.2020okotowa.link/ https://twitter.com/Link_NoTokyo5O https://www.facebook.com/okotowalink

 

カテゴリー: その他 | コメントする