「棘」上映会のお知らせ

働くことはなぜこんなに苦しいのか・・・その現実に、人生をかけ真っ向勝負で立ち向かう男のドキュメンタリー映画

 

カテゴリー: その他 | コメントする

コロナ自粛に負けないで5.1メーデーをやりぬきました。

医療、介護、福祉労働者が先頭に立ち、日本で100周年目の5.1メーデーが行われました。400人が集まり、厚労省、首相官邸前で要請と講義行動を闘いました。

カテゴリー: その他 | コメントする

コロナ情勢におけるさまざまな問題をユニオン加入して解決しよう

自粛宣言が終わっても、コロナによる経済的危機はおさまりません。さまざまな職場で休業補償や、倒産、解雇の問題が続いています。あきらめないで、生きていきましょう。

カテゴリー: その他 | コメントする

生きさせろ 5・1メーデーに参加しよう

新型コロナ感染症の拡大で、世界は一変しました。今や「リーマンショック」と3.11が世界各国に同時多発的に起きているような事態」が労働者民衆を襲っています。安倍政権が4月7日に出した緊急事態宣言は、「休業や解雇で飢えて死ぬか、仕事を続けてコロナに感染するか選べ」といっているようなものです。絶対にゆるせません。医療・介護をはじめとする現場労働者への徹底的な感染防止策と休業・失業に対する完全な補償、そして資本による一人の労働者の解雇も許さない闘いを現場から開始しましょう。労働者民衆の闘いの日である5月1日のメーデーに、安倍政権へ、現場からの要求を突きつけましょう。

 

カテゴリー: その他 | コメントする

「棘」ドキュメンタリー映画会中止のお知らせ

当ホームページでも紹介しました、今、すさまじい弾圧を受けている全日本建設連帯労働組合関西地区生コン支部の委員長、武 健一氏のドキュメンタリー映画「棘」は、4月23日、(木)PM6:45スタート 港区生涯学習センター ばるーんで上映する予定でしたが、安倍首相の「緊急事態宣言」の影響で、バルーンからの要請で上映中止になりました。大変申し訳ございません。必ず、今後この映画会は、やりますのでよろしくお願いいたします。

カテゴリー: その他 | コメントする

4月8日、緊急事態宣言を 安倍首相が宣言、労働者の団結で、コロナ危機に立ち向かおう

安倍の独裁=緊急事態宣言粉砕、医療現場に必要な物資と人員を
労働者の団結でコロナ危機に立ち向かい、命と生活守ろう

新型コロナウイルスと大恐慌が労働者民衆を直撃しています。新自由主義による医療破壊と非正規職化・貧困の拡大の上に休業・大量解雇の嵐が襲いかかり、誰もが闘いなしに生きていけない重大情勢に入りました。命と生活を守るのは安倍の緊急事態宣言ではなく、労働者階級の団結と闘いです。

安全対策を直ちに行うべき
コロナの感染拡大に対し医療現場をはじめあらゆる職場で労働者の懸命の闘いが続けられている。しかしそれを妨害し続けているのが安倍政権や小池都政であり、新自由主義です。
4月5日付毎日新聞は医療従事者の感染者が153人に達していると報じましたが、感染対策が徹底されていない病院もあり「国には医療従事者を守る体制について考えてほしい」との訴えが示されました。医療用マスクやゴーグル、防護服などが足りていないと回答した医師も6割超に上っている。
中核病院の院内感染、公社病院医師の感染、介護・福祉施設での集団感染が相次いでいる。不十分な防護設備と資材、職員の不足と休みなく働かざるをえない過重業務のなかで起こってしまった。これが「命より金」の新自由主義による医療・介護破壊の現実だ。
安倍晋三首相や小池百合子都知事らは大資本救済策の策定を急ぐ一方、緊急事態宣言に向けて休校継続、外出やイベントなどの自粛要請を乱発している。しかし感染対策として必要な態勢をつくるどころかマスクや消毒液が底をつく事態すら改善しようとしない。病院や保健所、介護施設や保育所、児童館・学童クラブなどで絶対に必要であるにもかかわらずです。
公費を使って必要な医療を行う公立病院なしに命を守ることはできない。そのことが再認識されています。安倍内閣の厚生労働省は昨年の9月26日、全国の公立・公的病院424を名指しし「手術などの実績が少ない」「医療費・人件費が効率的でない」と決めつけ、病院の再編・統合、病床(ベッド)の削減について検討し1年以内に結論を出すよう求めています。

急性期病床のある公立・公的病院1455のうち、公立病院257、国立病院機構や済生会、日本赤十字社など公的病院167が列挙され、地方の中小病院が多い。
しかしどの病院も、その地方・地域にとって絶対に必要な施設です。だから自治体などが公費を使い運営してきた。それを国が非効率だとやり玉に挙げた。次は民間病院が対象となる。地域に病院がなくなったら住んでいけなくなる。

医療・地域破壊し労働組合を潰す

公立・公的病院の「医療費・人件費が効率的でない」と決めつけ、病院の再編・廃止、病床の削減について9月までに結論を出すことを自治体に求めている。さらに小池知事は3月31日、都立・公社病院を2年後には地方独立行政法人化して資本の論理を本格導入し全職員を非公務員化する方針を打ち出しました。空きベッド不足が大問題になっているその病床も効率化で削ってしまう計画です。このような姿勢だから、このコロナ情勢で、医療崩壊が目前にせまっているのに、緊急事態宣言しかできないのです。外出自粛要請の一方で企業は操業を継続。労働者は通勤の混雑にもまれ過密で過酷な労働を強いられている。コロナに立ち向かい労働者の命と健康を守るために、医療職場をはじめ全ての現場で安全対策と人員・物資の確保を即刻、取らせなければならない。すでに医療・介護労働者を先頭に労働組合の闘いが激しく巻き起こっている。安倍への怒りを総結集し闘おう。

資本がためた利潤をすべて吐き出せ
さらに大量解雇との闘いが本格化している。首切りは労働者とその家族を地獄にたたき込む。しかし大資本の側は利潤確保のために2008年リーマンショック時の「派遣切り」以上の大リストラを断行しようとしているのだ。
一斉休校の継続、外出やイベントの自粛要請によって、委託されている学校の給食調理や施設管理、娯楽施設や劇場、小売店、飲食店などの非正規職や個人請負(フリーランス)、自営業者が苦境に陥っている。ホテルやバス・航空・鉄道、自動車や鉄鋼など全産業で大量解雇が始まった。パート・アルバイト、契約社員や派遣社員に続いて、正規工の一時帰休、「退職勧奨」による追い出しと整理解雇が重大化している。
しかし18年度の統計では大企業の内部留保は463兆1308億円、現預金も100兆円近くに上る。全て労働者を搾取してためこんだ金だ。さらに20年度の防衛費は5兆3千億円を超えている。労働者が生きるために奪い返すべき金は膨大にある。解雇に絶対反対し、全労働者の賃金の即時全額補償・所得補償をかちとるために組合を結成して闘いましょう。

解雇許さず賃金補償を
コロナ感染の大流行を引き金に世界経済の分断と収縮が進行。「1929年大恐慌を超える」「第2次大戦以来の危機」が叫ばれています。各国の支配階級は「戦争」「戦時」という表現で全土を戒厳下におき、都市封鎖・外出禁止のために軍隊を出動させて、兵士が持つ自動小銃はウイルスに対してではない。労働者の反乱の封殺のために向けられているのです。
しかしこれに対し世界で医療労働者を先頭にゼネストが闘われている。要求は職場の安全対策と、コロナとの闘いに関連する業務を除く全産業活動の停止、全労働者の賃金の即時全額補償だ。闘いは政府・資本と手を組む既成労組幹部の制動を突き破り、資本主義を根底からひっくり返す階級的激突に発展しています。

今やコロナが階級格差の問題であることが明白になっています。4月3日付ヤフーニュースは感染者が4万8千人、死者は1400人となったニューヨーク市についての感染マップを報道。高所得者の地域に比べ収入がその3割に満たない住民の地域は感染者数が格段に多い。ニューヨーク・タイムズ紙は「安全な自宅に避難できるだけの財力のある人と、最低限の生活を死守するために(密閉・密集・密接の危険を承知で)勇気を振り絞って地下鉄を利用し続けなければならない人たち」との不平等を報じている。
安倍の「緊急事態宣言」は改憲の先取りとして集会もデモも抑え込もうとする階級闘争圧殺攻撃です。連合は戦後初めてメーデーの縮小・中止を発表しました。その一方で安倍は沖縄・辺野古新基地建設や自衛隊の南西拠点化をどんどん進めています。コロナに乗じて規制撤廃を狙い、安全上不可欠な対面診療の原則を踏みにじって初診からインターネットによるオンライン診療まで解禁しようとしている。

労組を再生し社会の根底的な変革へ
しかしもう労働者は黙っていない。コロナとの懸命の闘いの中で現場の労働者が社会を支えていることを誰もが感じ取っている。
イタリアの独立系少数労組は職場集会でコンテ政権とイタリア経団連に対するストを全労働者に呼びかけて3月25日からの32時間ゼネストを打ち抜いた。政府が移動制限と商業施設の閉鎖を指令する一方で、通常通り出勤せよと強制していることへの怒りの爆発だ。少数が全体を獲得した闘いであり断固これに続きましょう。自分の命と生活を守るためです。
全世界で革命的激動の情勢が始まりました。流れを変える反転攻勢の時です。労働組合の再生と社会の根底的変革をかけて闘いましょう。コロナ緊急事態宣言をはねのけ、命を守る5・1メーデーデモをかちといましょうりましょう。

カテゴリー: その他 | コメントする

コロナウィルスに関する労働問題

コロナウイルスの影響が各職場に広がっています
感染が判明した千葉在住の20代の労働者は40度の熱が1週間以上続いても中国人との 接触がないとの理由で検査を拒まれ、また「簡単には仕事を休めない」と無理して通勤していたと報じています。
会社が出勤停止の措置を取った場合の賃金補償は重要な問題です。自分と同僚の健康と生命を守り感染拡大を防ぐためにも安心して休めるようにしなければなりません。
中国からのサプライチェーンの影響で工場は操業縮小、観光客や外出者の減少で飲食店は閑古鳥という状況で、休業だけでなく雇い止めや解雇も始まっています。
いずれも労働組合にとって重大な課題です。以下、職場の取り組みの参考になる制度や法律を紹介します。
安全配慮義務
まず使用者には、労働者の健康や安全に配慮する法的な義務があります。会社が適切な対応を取らずに職場で感染が拡大したり、労働者の健康が害されれば、会社の責任が問われます。
昨年、労働安全衛生法が改定され、産業医による労働者の健康管理などの責任が強化されています。会社は産業医が適切な判断で助言ができるように必要な情報を提供することが義務付けられました。
会社や産業医に対して、最新の知見に基づく労働者の立場に立った適切な具体策を検討させるよう労働組合として申し入れることは重要です。
37・5度以上の熱が続き、だるさや息苦しさの症状があってコロナウイルスに感染している可能性があるのに無理に出勤を求められた場合は、労働契約法5条「労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、(会社は)必要な配慮をする」義務を負っている(安全配慮義務)」を指摘しましょう。
休業手当
逆に症状が出ていないのに自宅待機を命じられるケースもあります。就労が可能で就労の意思があるのに無理やり出勤させてもらえない場合は、会社都合であり、会社には賃金全額を支払う義務があります。労働基準法も賃金の6割を支払う義務を規定しています(休業手当)。
有症状者や家族が感染した労働者は、会社の判断によって労働者を休業させるように要求すべきです。賃金は全額保証でまったく問題ありませんが最低でも6割の休業手当の支払いは必須です。
ところが厚生労働省はウェブサイトのQ&Aで都道府県知事による就業制限で休業した感染者については「使用者の責に帰すべき事由による休業」に該当しないから休業手当を支払う必要はないと書いています。つまり厚労省は感染者に休業手当を払う必要はないと宣言したわけです。
およそ厚生労働省が感染拡大阻止を真剣に考えているとは思えません。ちなみに韓国では政府による生活保障、マレーシアでは賃金全額支給、シンガポールも支援金を支給しているようです。
結局、厚生労働省の指導では休業手当については会社の予防措置などの指示ならば休業手当を支払う必要があり、感染者あるいは労働者が自主的に休めば支払う必要がないとなっている。
助成雇用調整
サプライチェーン途絶による操業停止や観光客減少による業績悪化の企業などについては1月24日から雇用調整助成金の特例が設けられた。大企業は労使協定に基づく休業手当の2分の1、中小企業は3分の2について雇用保険から助成金が支給される。
労働者が自主的に休んだ場合で、休業手当の支給がなされない場合は、年次有給休暇の取得も検討しうる。これまでほとんど取得できなった非正規労働者が権利行使するきっかけにもできる。もっとも会社側から強制的に年休を取得させるのはNGだ。
労災保険
医療従事者が患者から感染した場合は労災保険の給付は可能だ。09年に新型インフルエンザが流行したときは「原則として保険給付」との通達が出ている。しかし認定数はわずかと思われる。厚労省のウェブサイトには「一般にウイルス等の感染で起きた疾患は、感染機会が明確に特定され、業務・通勤に起因して発症した場合は保険給付の対象」と書いてある。
子どもや家族が感染した場合、世話も必要だし、自身も濃厚接触者となる。小、中、高の半ば強制的な休校がなされている。切実な問題だ。育児介護休業法に「子の看護休暇」があり、小学校未就学児のケガや病気で看護が必要な時に1年間に5日、こどもが2人以上の場合は10日休むことができます。しかし、現実には、いつ学校が始まるかは、不透明である。。

コロナウイルス関連の雇い止めや解雇を許すな! 使用者には雇用と賃金の責任がある。 体調不良で休めない職場の現状を変えよう。会社の責任で感染対策と賃金補償を! 仲間と    地域を守るため、労働者は団結し知恵を出しあい、力を合わせて共に闘おう

2月25日現在、「潜在的には数千人の感染者」「感染拡大期に入った」と専門家は指摘している。政府は25日、重症者向けの医療体制を確保するため、症状が軽い人には自宅療養を求めるなどとする対策の基本方針を決定した。病院に行くな、検査にも来るな、自己責任で休め、時差出勤やテレワークをと言うのだ。
ダイヤモンド・プリンセス号では船内ゾーニング等の措置が適切に実施されず、二次感染によって乗客乗員約3700人のうち約700人が集団感染する結果となった。
しかも船内業務に従事した厚生労働省の職員や検疫官、医療スタッフは検査なしで下船後の通常業務・日常生活に戻っていた衝撃的事実も明らかとなっている。厚生労働省は検査について一度は検討したが陽性者が多く出た場合の業務への影響を考慮し見送ったという。職員らが感染していたことが次第に明らかになっている。
数万人の感染、数千人の死者が出た武漢のような事態も想定しうる状況になってきた。首都圏の医療機関や流行地域では、医療提供レベルを超える感染者や有症状者が殺到することも考えられる。今後は、病院が感染源になるとも指摘されている。
武漢では、医療材料や要員が不足する中で医療労働者が不眠不休で働いている。トイレに行く時間もなく防護服のまま仮眠している。武漢で最初に新型ウイルスの存在について警告を発したことで武漢公安当局から処罰された34歳の医師は自らも感染し、死亡した。中国ではすでに3000人を超える医療労働者が感染したと報道されている。過酷な勤務で強いストレスにさらされている。
クルーズ船の乗員も、神戸大の岩田教授が「ものすごく悲惨な状態で心の底から怖いと思った」と指摘する状況のもとで、船の機能維持やサービス提供のために業務に従事し、継続的に感染が続いた。
リーマンショックを超える経済的影響も
もはや医療労働者だけの問題ではない。経済的な打撃も急速に顕在化している。2008年リーマンショック、2011年の東日本大震災を超える経済的影響を及ぼすとの指摘もある。東京オリンピック中止もけっして誇張ではない。
製造業関連では、湖北省武漢は日本製造業のサプライチェーンの要所でもある。中国からの貨物船もストップし、物流も縮小している。製造現場では減産や稼働停止が広がっている。中国人観光客も激減し、観光地や宿泊業・旅行会社は重大なダメージを受けている。野菜などの食料品輸入も次第に滞っており、飲食業や小売業への影響も出始めた。今後、日本国内で感染が拡大した場合の影響は甚大だ。
医療機関ではクルーズ船の下船者、感染者や有症状者、濃厚接触者の受け入れも始まっている。そもそもギリギリの要員体制の医療機関では医療崩壊の危機などシリアスな状況が予想される。
他産業でも派遣先から「コロナの影響で仕事が減ったから明日から来なくてよい」という新手の派遣切りが始まっている。イベントなどの中止・延期もドミノ倒しのように拡大している。非正規労働者にとっては2008年の派遣村の状況も十分に予想される。
雇止め・解雇許すな
あらゆる意味で重大情勢が迫っていると考えざるをえない。コロナウイルスを口実とした「雇い止め」や「解雇」を許さず、あるいは医療機関等の過重労働などについて合同労組は労働相談等の取り組みを強化しなければならない。
使用者には労働者の健康配慮義務がある。例えば37・5度以上の場合は、感染対策休として帰宅させ、きちんと賃金補償するなど、会社の責任で自宅待機の一定の基準を定めさせるなどの取り組みが必要だ。社会保険に加入できず国民健康保険を使っている非正規労働者には傷病手当金も出ない。10割補償の休業手当が最良だが、少なくとも年次有給休暇をちゃんと使えるようにするなど、あらゆる形で労働者が安心できる措置を会社に要求しよう。
普段からギリギリの要員数のため、多少の体調不良では簡単に休めない職場の状況をまず変えなければならない。
熊本の病院では20代の看護師が感染し、病院は新規患者の受け入れ中止や風評被害が広がっている。クルーズ船で業務に従事した医療スタッフが職場で「ばい菌」呼ばわりされる事態も発生している。
千葉では、教員の感染で中学校が休校となり、北海道では全道の公立小中学校が1週間の休校に入る。市川市ではスポーツジムで感染があり、約600人に濃厚接触の可能性がある。
厚生労働省は、感染者について休業手当の支払いは必要ないと公式に打ち出した。企業の負担の増加が一番の関心であり、本気で感染拡大を阻むつもりもなく、労働者の健康や生活を守る気もない態度は断じて容認できない。
自己責任論と対決し「就業時の検温は使用者の責任で」「必要があれば休めるように要員を確保し賃金・手当を保障せよ」という職場の当たり前の声を突きつけていく必要がある。子どもや家族が感染した場合の看護や自宅待機などの対策(賃金補償など)も必要だ。
香港の医療労組の闘い
安倍首相は連日の対策会議をわずか10分程度で退席し、豪華ランチや会食に興じていると報じられている。厚生労働省のクルーズ船への対応は、事実の隠蔽、ウソと詭弁、証拠隠滅の安倍政権の集大成のような事象だ。だが花見とは違い、大勢の生命がかかった問題なのだ。
海外では、香港政府が安倍政権に似た状況でまともに感染対策に取り組まず、自己保身と場当たり的対応に終始している。医療従事者の不足、マスクや防護服・消毒液の不足で約10万人の手術や検査が延期になっている。これに対してこの間のデモのうねりの中から生まれた香港の医療労組は「政府は解決能力がなく病気を拡大している。私たちは助け合って病気を食い止める」とストライキを決行した。
この香港の医療労働者の闘いは、私たち日本の労働組合にも大きな示唆を与えている。あらゆる職場で労働者は団結して自らの力で仲間や家族、地域社会を守る闘いを開始しよう。職場に労働組合をつくり、あるは地域合同労組に加入して、コロナウイルス対策を企業・使用者に対応措置と補償を要求しよう。労働者が団結して知恵を出し合って行動することが事態を打開する力だ。

厚生労働省のコロナウィルスに対する事業者への助成金制度(厚生労働省ホームページ

「新型コロナウイルス感染症による事業活動の縮小を余儀なくされた事業者様へ
社会保険労務士法人クロスフェイスでは、雇用関係助成金(新型コロナウイルス感染症 特例)の申請をご支援いたします。この助成金では、労働者に対して一時的に休業、教育訓練又は出向を行い、労働者 の雇用の維持を図った場合に、日額8330円を上限に休業手当、賃金等の一部が助成されます。
【拡大前の対象事業主の範囲】
日本・中国間の人の往来の急減により影響を受ける事業主であって、中国(人)関係の売上高や客数、件数が全売上高等の一定割合(10%)以上である事業主
【拡大後の対象事業主の範囲】
新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業主
これにより、日本人観光客の減少の影響を受ける観光関連産業や、部品の調達・供給等の停滞の影響を受ける製造業なども幅広く特例措置の対象となります。今後、感染の拡大で経済への影響がさらに広がる可能性があります。従業員の雇用を維持するために助成金の活用をご検討ください。
ポイント!
雇用保険適用事業小単位で上限833,300円になります。雇用保険加入を1カ所で行なっている場合は、適用事業所分割をご検討ください。」

以上のように厚生労働省は社会全体の国民の怒りを恐れ企業に対しては助成金の形で直接援助はするようになったが、労働者はあくまでも団結して正規、非正規を問わず組合を結成して、生きるための賃金、コロナによる不利益等を会社と交渉してかちとろう。

 

 

カテゴリー: その他 | コメントする

関西生コン労働組合の弾圧を許さない東京の会・結成集会に参加しよう

関西地区生コン労働組合とは、関西一円の生コン産業の労働者を組織する労働組合。多数の中小企業を協同組合に組織し、大手ゼネコンやセメントメーカーなどの大企業と闘ってきた。この労働組合の闘いに恐れをなしたゼネコンや国家権力が結託し、2018年7月以降、のべ89人が逮捕、8割に及ぶ組合員が起訴されるなど戦後最大の労働組合弾圧が行われている。ストライキ、ビラ巻き、団交等など今までのあたりまえの活動が、刑事弾圧される前代未聞の国家がらみの禁圧。しかし、当該の組合は、「この、弾圧を跳ね返し、労働運動を再生し、働くものがまともに生きられる社会を」と意気高く頑張っています。東京の労働組合も他人ごとではありません。この結成集会に参加し、生コン組合のみならず全国の労働組合をつぶさせないために、この集会に参加しましょう。                                                            

 

カテゴリー: その他 | コメントする

3月29日から羽田増便=都心低空飛行が始まります。

1月30日から2月12日までの乗客を乗せた試験飛行が行われましたが、大井町駅周辺の方々は、爆音と大きな機体を見ましたか。これが1日150機、1時間44機、1日系150機とんでくるのです。国が決めたからしょうがないとあきらめないで、これからが勝負です。私たちの命と生活を守るために、頑張りましょう!

カテゴリー: その他 | コメントする

3月11日郡山へ集まろう

原発2.5キロのところで常磐線を運転再開。特急の直通で、東京・仙台にも汚染 を拡散。JRのやることは、無茶苦茶ですよね。動労水戸の労動者と共に闘いましょう。                                 

カテゴリー: その他 | コメントする