「弔意を強要しないで」 佐賀の市民団体、安倍氏国葬の反対訴え

「弔意を強要しないで」 佐賀の市民団体、安倍氏国葬の反対訴え

配信

毎日新聞

佐賀県唐津市中心部の交差点で「国葬反対」などの紙を掲げてマイクを握る市民団体のメンバー=同市南城内で2022年9月27日午後0時23分、峰下喜之撮影

 佐賀市内の街頭では27日午後0時半から、市民団体「くらしを守る共同行動佐賀県実行委員会」のメンバーら約40人が、安倍晋三元首相の国葬反対を訴えた。

 参加者らは「弔意を強要しないで」「今からでも中止」などと書かれたプラカードを手に、「安倍元首相の国葬反対」などとシュプレヒコール。マイクを手に「国会で審議せず国費を出すことは憲法違反。国民に弔意を強制することはあってはならない」などと声をからした。  

◇福岡でも市民らがデモ行進

 福岡市の中心市街地でも市民ら約100人が国葬に反対してデモ行進した。労働組合や原発反対の市民団体などが参加。国葬が始まる午後2時に合わせて同市中央区天神の警固公園を出発し、約1時間、周辺の大通りでシュプレヒコールをあげた。

 デモに参加した同市の堤和子さん(75)は「安倍さんは民主主義を壊した人。祭り上げることは許されない」。公園にいた男性(30)は「日本のために尽くした人だが、それほど税金をかけてやることか。賛否どちらの意見も分かる」と悩ましい表情を見せた。【斎藤毅、平川昌範】

カテゴリー: その他 | コメントする

【安倍元首相 国葬】警察と抗議デモ隊が衝突する場面も…

【安倍元首相 国葬】警察と抗議デモ隊が衝突する場面も…

カテゴリー: その他 | コメントする

歌手・中川五郎さんらが国葬反対コンサート「国民の声聞かず」 奈良

歌手・中川五郎さんらが国葬反対コンサート「国民の声聞かず」 奈良

配信

毎日新聞

安倍晋三元首相の国葬に合わせて行われた国葬反対コンサート=JR奈良駅前で2022年9月27日午後2時9分、望月亮一撮影

 安倍晋三元首相の国葬が始まった27日午後2時ごろから、奈良市のJR奈良駅前では国葬に反対する人たちによる街頭コンサートが開かれた。フォークシンガーの中川五郎さんら約200人が集まり、抗議の意思を示した。

 「国葬ぶっ飛ばせコンサート」と題し、中川さんや三線(さんしん)奏者の牧志徳(しとく)さんらが参加。平和を歌った弾き語りや、国葬反対を歌詞に取り入れた三線の曲などが披露された。参加者は「国葬反対」と書かれたプラカードなどを掲げた。

 中川さんは取材に、「日本は民主主義国家のはずなのに、国民の声を聞くことなく国葬が決まったことに違和感を感じていた」と語った。

 参加した奈良県天理市の大野京子さん(59)は「安倍政権時は女性が活躍する社会をうたいながら実現できないなど、納得できる政治ではなかった。国葬で弔うべき人ではない」と話した。【吉川雄飛】

カテゴリー: その他 | コメントする

「沖縄を踏みつけたのが安倍政権だ」 国葬の反対集会に200人

「沖縄を踏みつけたのが安倍政権だ」 国葬の反対集会に200人

配信

沖縄タイムス

国葬に反対し、プラカードを掲げる参加者=27日午後、那覇市・県民広場

 安倍晋三元首相の国葬に反対する集会が27日午後、沖縄県那覇市の県庁前広場で行われた。集まった約200人が「国葬反対」などと書かれたボートを掲げ、「沖縄を踏みつけたのが安倍政権だ」「国葬は許せない」と声を上げた。集会は島ぐるみ宗教者の会と沖縄平和市民連絡会が開いた。

  島ぐるみ宗教者の会の鴨下祐一さんは「安倍政権がどれだけ沖縄の声を無視して暴力的な政治をしてきたか。国葬は1ミリも賛成することはできない」と強調。沖縄平和市民連絡会の高里鈴代共同代表は「安倍政権の8年間の中で、辺野古新基地建設が強行された。沖縄から反対の声を上げていこう」と述べた。  

 市民らは安倍元首相の葬儀が始まる午後2時に合わせ、「国葬反対」とシュプレヒコールを上げた。(社会部・當銘悠)

カテゴリー: その他 | コメントする

0:02 / 2:53 9.27国葬阻止武道館へデモ

カテゴリー: その他 | コメントする

安倍国葬粉砕!9・27闘争

安倍国葬粉砕!9・27闘争

カテゴリー: その他 | コメントする

在日ミャンマー人が「国葬」に抗議の声 市民弾圧の国軍政府を招待「悲しい」 神戸

在日ミャンマー人が「国葬」に抗議の声 市民弾圧の国軍政府を招待「悲しい」 神戸

配信

神戸新聞NEXT

ミャンマー国軍政府を招待した日本政府に抗議する在日ミャンマー人ら=神戸市中央区三宮町1

カテゴリー: その他 | コメントする

「脱出できるのはお金持ちだけ」“劣勢”ロシア “エンドレス徴兵”続く可能性も(2022年9月26日)

「脱出できるのはお金持ちだけ」“劣勢”ロシア “エンドレス徴兵”続く可能性も(2022年9月26日)

カテゴリー: その他 | コメントする

米日の中国侵略戦争許すな!  「祖国防衛」のデマ粉砕を!

米日の中国侵略戦争許すな!
 「祖国防衛」のデマ粉砕を!

安倍国葬は、改憲・戦争の安倍政治を国家を挙げて礼賛することで、中国侵略戦争に向かっての「挙国一致」体制の構築を狙うものだ。この点を徹底的に暴露し、安倍国葬粉砕の闘いを巨大な反戦闘争として爆発させよう。

台湾に介入し中国挑発

 「米日帝の中国侵略戦争阻止!」の訴えが大きな反響を呼び起こしている。自民党など国家権力中枢は、マスコミや右翼を動員して「米日の中国侵略戦争なんてありえない」「侵略しようとしているのは中国だ」などと叫びたて、排外主義をあおって改憲・大軍拡を正当化しようと必死になっている。

 だが、この間の動きを見るだけでも、米日帝こそが「台湾」問題を切り口に中国を挑発し、侵略戦争を進めていることは明らかである。8月2日の米下院議長ペロシの台湾訪問は、中国政府の反対を無視して強行された。この時米軍は核空母「ロナルド・レーガン」率いる空母打撃群と強襲揚陸艦「トリポリ」「アメリカ」などを台湾海峡近くに集結させ、すぐにも戦争を始められる臨戦態勢をとった。日本のマスコミは中国側の軍事行動を排外主義的に報じるのみで、こうした米日の側の軍事動向をほとんど報道しない。これに続き、8月に米超党派議員団、共和党上院議員が立て続けに台湾を訪問。さらに自民党憲法改正推進本部長・古屋圭司ら統一教会と親密な極右議員らも、そろい踏みで訪台を強行した。

 何より米軍と自衛隊は、中国大陸に襲いかかるように軍事力を強化し、過去最大規模の多国間軍事演習を繰り返している(左図)。米海兵隊の対中国の軍事戦略「遠征前進基地作戦(EABO)」は、中国の防衛ライン(第1列島線)の突破を目的としたものだ。これを想定した日米共同訓練が、九州、沖縄を含む南西諸島で行われている。南西諸島では自衛隊基地が次々と建設され、さらに自衛隊は、米軍のEABOと一体で、新たに射程1000㌔メートル以上のミサイル1000発を南西諸島から九州に配備することを計画している。米海兵隊のラダー中将は「(日本のミサイルの)射程が延びるほど作戦の幅が広がるため、日本の取り組みを支持する」と述べている(「週刊朝日」9月23、30日合併号)。

米軍の新型中距離ミサイルは核兵器

 重大なのは、米軍による日本列島への中距離核ミサイル大量配備計画だ。配備が有力視されるのは射程2775㌔に及ぶ極超音速滑空弾「ダークイーグル」だが、これをめぐっては「米軍は核弾頭を積む予定はないと言っている。だからダークイーグルは核兵器ではない」などというデマがしきりに振りまかれている。

 だが、そもそも中距離核戦力(INF)の定義とは、通常弾頭か核弾頭かを問わず、核保有国が地上配備型中距離ミサイルを保有した時点でそれを核兵器とみなすというものである。だからこそINF全廃条約は、弾頭の種類を問わず射程500~5500㌔メートルのミサイル保有を禁じたのだ(弾頭の取り換えなどいつでもできるのだから当然である)。そして同条約を米帝が2019年に一方的に破棄した直後、日本への配備計画が始動したのだ。配備予定のミサイルが核兵器ではないなどと考える方が無理筋である。

 しかも、米帝は近年、巨額をつぎこんで核兵器の近代化・実用化を進めており、各種ミサイルに搭載される核弾頭の威力は10~50㌔トンで自在に選ぶことができるという(19年10月3日付琉球新報、21年3月5日付朝日新聞など)。これでも「米軍が核弾頭を積むなんて未来永劫(えいごう)絶対ありえない!」などと無責任に主張する者は、核戦争を容認・推進する者とみなされて当然である。

 安倍晋三はウクライナ戦争勃発直後、「今がチャンス」とばかりに、米軍の核兵器を日本に配備する「核共有」を検討すべきだと主張した。この安倍を、岸田は国葬で祭り上げようとしているのだ。米日の核兵器配備の意図は明白である。

米帝危機が戦争の根源

 まさに「新自由主義の大崩壊と戦後世界体制の最後的崩壊」の中心軸として、米帝の対中対決と全帝国主義を動員した中国侵略戦争が現実化している。米国内では〈コロナ×大恐慌〉の深化―インフレの加速と金融政策の破綻の中で階級矛盾・対立が非和解的に激化し、支配階級の分裂も深まっている。そして世界支配崩壊の危機に直面している。ここから米帝は自らの延命をかけて、大国化した中国の打倒とその現体制の転覆を狙う戦争へと踏み出したのだ。日帝も日米安保同盟のもとで存亡をかけてこの戦争に加わっている。

 中国スターリン主義は追い詰められ、本質的に受動的で、対抗的に積極的な行動に出ている。それによって世界の労働者人民の反戦闘争に敵対し、世界戦争情勢を一層加速している。

 労働者階級人民がこの中国侵略戦争―世界戦争を阻止する唯一の道は、自国帝国主義打倒の闘いを貫き、反帝国主義・反スターリン主義世界革命を闘いとることである。労働者民衆の直接行動こそ、歴史を動かす力だ。安倍国葬粉砕、中国侵略戦争阻止をかけて9・27淡路公園に総結集しよう。

カテゴリー: その他 | コメントする

安倍元首相国葬、前夜の反対集会 大阪では900人がデモ行進

安倍元首相国葬、前夜の反対集会 大阪では900人がデモ行進

配信

毎日新聞

安倍晋三元首相の国葬に反対する集会で声を上げる参加者=大阪市北区で2022年9月26日午後6時52分、大西岳彦撮影

 安倍晋三元首相の国葬を翌日に控えた26日夜、国葬に反対する集会が大阪市北区の中之島公園であった。市民団体「おおさか総がかり行動実行委員会」が主催し、約900人(主催者発表)が参加した。参加者らは集会で抗議の意思を示した後、「国葬反対」などと書かれたプラカードや横断幕を掲げて、西梅田公園までの約1・5キロをデモ行進した。

【歴代首相の葬儀形式と政府負担額】

 集会では、実行委の中北龍太郎弁護士が「国葬には法的根拠がなく、弔意を国民に強制することで憲法が保障する思想・良心の自由を侵害している」と訴え、国葬の中止を求めた。

 チラシでイベントを知り、職場の同僚らと参加した大阪市港区の会社員、木下浩平さん(50)は「安倍さんは労働者派遣法を改正して非正規雇用を増やすなど格差問題を深刻化させたり、安全保障関連法を強行採決したりした。国民の評価が二分しているにもかかわらず、政府が一方的に国葬を決めるのは乱暴だ」と話した。【隈元悠太】

カテゴリー: その他 | コメントする