名古屋入管死亡事件の真相究明のための ビデオ開示、再発防止徹底を求める スタンディングアクションを実施します。

名古屋入管死亡事件の真相究明のための

ビデオ開示、再発防止徹底を求める

スタンディングアクションを実施します。

行動日時: 

7月27日(火)15時~17時 

法務省前

行動参加者:ウィシュマさんご遺族(ワヨミさん)、ウィシュマさん死亡事件の真相究明を求める学生・市民の会メンバー、遺族代理人弁護士、賛同人

<アクションの趣旨>

 2021年3月6日、名古屋入管で発生した、スリランカ人女性のウィシュマ・サンダマリさんの死亡事件の真相を究明し、再発防止を徹底化することを求め、法務省前で学生や市民がスタンディングアクションを行います。

 なぜ、真相究明・再発防止を求めるのか、それはウィシュマさんの死亡事件の真相究明と再発防止が、ウィシュマさんのご遺族と、今も入管に収容されている被収容者、日本在留を望む仮放免者の切実な願いだからです。ご遺族は、「なぜ33歳の若き娘(姉)が入管収容施設で死んだのかその真相を知りたい、そのためにもビデオを見せてほしい」また「娘(姉)の死の無駄にしないで欲しい」「二度と入管の中で同じ事件が起きないようにして欲しい」という想いを訴え、2人の妹さんたちは来日後在留期間を延長して日本に留まり、活動を続けています。

これまでも、各地の入管の収容施設における被収容者の死亡事件は後を絶ちません(2007年以降17人)。その背景には、退去強制令を受けた者を非人間的に扱い、人権侵害を手段として追い返そうとする法務省入管庁における収容‐送還方針があり、この下で医療、食事などの被収容者の処遇、仮放免者への対応が行われています。ウィシュマさんも収容-送還方針の犠牲者です。

また、今回の死亡事件は、入管の強大な裁量権に裏付けられた、外国人差別や人権侵害を見過ごしてきた、私たち日本社会自身の問題でもあります。ウィシュマさんの死亡事件の真相を解明し、入管の差別、偏見に基づく誤った対応を見直し、再発防止を徹底化させることが、ご遺族や全国の被収容者、仮放免者の願いであり、また日本社会の一員としての責任を果たすことになると考えています。

 問題の真相解明と、入管収容施設で繰り返される人権侵害を止め、再発防止の徹底を求める取り組みをぜひ取材いただけますようお願い申し上げます。

以上

連絡先:ウィシュマさん死亡事件の真相究明を求める学生・市民の会(担当)BOND~外国人労働者難民と共に歩む会~ bondnanmin2008@gmail.com

カテゴリー: その他 | コメントする

7・23 五輪は中止だ!抗議アクション

**********************
  7・23 五輪は中止だ!抗議アクション

 LockDownだ!東京五輪 開会式抗議デモ
**********************

●日 時:7月23日(金) 

●12:00 〜 13:00 

都庁前広場 聖火リレーセレモニー抗議アピール

●18:30   

原宿神宮橋集合(表参道側の出口前)
「ロックダウンだ!東京五輪」開会式抗議 アピール

●19:00   

デモ出発
 
●20:00  

千駄ヶ谷駅前 
デモ終了後、千駄ヶ谷駅に集まりアピール開始 
抗議声明読み上げなど
  
21:00   

終了予定
 
●よびかけ:

オリンピック災害おことわり連絡会/反五輪の会/オリンピック終息宣言展実行委員会/ 東京にオリンピックはいらないネットほか

カテゴリー: その他 | コメントする

23日午後3時、代々木公園西門前集合  すべての怒りを渋谷へ!

五輪開会粉砕!
全国の皆さんに訴えます!
 23日午後3時、代々木公園西門前集合
 すべての怒りを渋谷へ!
 関生・武委員長への有罪判決弾劾!


 

 

 

 

 

 

 7月23日、五輪開会式を全人民の怒りの総決起で絶対に阻止しよう! 「改憲・戦争阻止!大行進」が呼びかける渋谷デモに集まり、われわれの怒りをぶちまけよう。日帝・菅政権は人民の怒りに包囲されグラグラになりながらも、五輪開催にしがみついている。破綻しきった東京五輪の姿は日本資本主義の姿そのものだ。東京五輪を粉々に打ち砕き、日帝打倒ののろしを上げよう! マル学同中核派はその先頭で闘う。

五輪完全中止は可能だ!

 五輪を粉砕することは全く可能だ。日帝・菅政権は決定的に追い詰められている。〈コロナ×大恐慌〉に直撃され資本主義経済が崩壊しているだけではない。五輪動員に対する実質的なストライキで、われわれ労働者民衆自身が五輪中止への道を切り開いてきたのだ。新自由主義の中で蓄積されてきた怒りのマグマが五輪という噴出口からあふれ出し、資本家階級を燃やし尽くそうとしている。
 何より、戦場さながらの労働現場で1年以上を過ごした医療労働者の怒りだ。それは新自由主義で劣悪な労働現場に駆り出されてきた女性の怒りと重なる。
 女性の医療労働者や性暴力に抗議するフラワーデモ主催者らが12日、五輪・パラリンピック開催に反対して行った記者会見では、「無観客にしても選手数万人を一カ所に集めるのは感染拡大下では絶対やってはいけない。人類の生命維持に対する最大の冒涜(ぼうとく)だ。五輪を開けば医療が崩壊し、多くの生命が失われる」と語られた。
 さらに、女性の状況についても、「医療現場の7割以上が女性で、コロナ負担は女性への負担。現状は五輪ありきで突き進んだ政府による人災だ。これ以上、命が失われることがあってはならない」「コロナ禍でDVや妊娠相談が増えた。非正規雇用の7割が女性で5人に1人が休業を余儀なくされている。自殺も増え、女性の命と生活が危機にさらされている」と怒りが表明された。
 こうした叫びとは裏腹に看護師約500人が五輪に動員されようとしている。看護協会本部が各都道府県協会に出した募集条件は「早朝深夜も含め原則5日以上」「1日9時間程度」。宿泊は「複数人部屋の可能性あり」。しかも報酬の記載はなしである。五輪動員とは戦時徴用そのものだ。
 教育労働者、保護者、小中高生、大学生の怒りも激しい。幾度も発令された緊急事態宣言で、子どもたちは一生に一度しかない学校行事などを中止させられた。にもかかわらず、感染リスク度外視の五輪開催とそこへの動員だ。
 しかし結局、学校動員観戦はのきなみ中止となった。その直前にはすでに、教育労働者や保護者、子どもたちからの抗議や要請行動の拡大によって、観戦動員計画はズタズタに引き裂かれていた。学生を中心にしたボランティアも6月段階で予定した11万人にはるかに及ばない8万人しか集まらず、そのうち1万人が辞退。「五輪なんかぶち壊したい!」というわれわれの怒りが政府に破綻を強制したのだ。

反撃に立てば必ず勝利できる

 4度目の緊急事態宣言を発令し、1日の感染者数が都内で1千人を超えるにいたってもなお五輪開催を強行することは、すべてを犠牲にしても構わないという宣言にほかならない。その象徴的事態として、経済再生担当相・西村康稔が、金融機関を通じて酒類販売を停止させようと憲法違反の強権発動をもくろんだ。今回の方針は政府ぐるみで推し進められたものであり、改憲・緊急事態条項創設への道をこじ開けようとしたことは明らかだ。
 だがこれも飲食店を中心に抗議が殺到、方針撤回に追い込まれた。日帝・菅政権の凶暴さ、デタラメさは、彼らが弱く、追い詰められていることの裏返しにすぎない。いかに強権的に危機を突破しようとしても、人民が真正面から反撃すれば必ず勝利できる。

職場・学園から実力決起を

 われわれの怒りの根底には、新自由主義政策への怒りがある。08年リーマンショック以来の世界的経済危機と11年3・11フクシマ以来の怒り、そして自公政権のみならず既成野党も含めた政治に対する憤りが若い世代の中に燃えたぎっている。物心ついた時から新自由主義とその破綻の中で生きてきたわれわれの世代には、資本主義への幻想などみじんもない。支配階級が演出する「復興五輪」「コロナ克服五輪」などという「美談」には圧倒的多数の仲間たちがうさん臭さを覚えている。
 支配階級はこれを抑え込むために、ますます暴力に頼らざるを得なくなっている。防衛省が五輪に自衛隊8500人を動員するのはそのためだ。何が「平和の祭典」か! 五輪が資本家階級と労働者階級の戦場であることは明らかとなった。国益のため、ブルジョア階級のための国家総動員事業であることが白日の下にさらけ出された。
 かつての戦争体制も、いつの間にか天皇中心の国家イデオロギーが支配階級によって刷り込まれ従順な「臣民」がつくられたわけではない。労働者民衆の激烈な決起を暴力で血の海に沈めていく過程があって初めて階級支配が成り立ったのである。今この歴史を繰り返すのか否かが日本の労働者階級に問われている。
 民衆と国家権力が真正面からぶつかる時代、民衆の側が暴力を取り戻すことが求められる時代に、われわれ学生は京都大学の仲間を先頭に再び実力闘争を復権しようとしている。7日、京大生への不当処分撤回を求める全国集会が開かれ、無期停学処分を受け入構を禁止された学生が、大学当局・ガードマンの規制線を打ち破りキャンパス中央に堂々と登場した。大学を学生が実力で取り戻す闘いは当局・警察権力に指一本触れさせないところまで力関係を構築し、大きく前進している。不当処分の乱発が始まって以来、京大では自分と仲間を弾圧から守るために覆面を着用するようになっている。その姿は青年が生きられない社会の変革を求め国家権力と生死をかけて闘う香港の青年たちの姿さながらである。
 また13日、関西地区生コン支部の武建一委員長の判決公判では、許しがたい有罪判決が出されたが、実刑攻撃を打ち破り、武委員長の収監を阻止した。「労組なき社会」で戦争・改憲を狙った戦後最大の労組弾圧は、武委員長を監獄に縛り付けることができなかったのである。「関生のように闘おう」と連帯してきた全国の学生・労働者は改めて勇気をもらい階級的労働運動の復権へ前進している。
 自らの日常の現場で闘い、街頭に飛び出し、敵との最先端攻防の現場に駆け付ける団結と連帯。この力こそ社会変革の力であることをわれわれは確信する。

行動に次ぐ行動で攻め上ろう!

 7・23渋谷闘争は目前に迫った。五輪を絶対に中止に追い込もう! 思いを同じくする全ての人々は全力で立ち上がろう! 五輪利権まみれのIOC会長バッハの来日と広島訪問などに抗議する街頭行動は激しく展開されている。動員反対の労働者民衆による現場からの反乱もますます拡大している。さらに広げよう!
 都内で開かれる聖火リレー・点火レセプションを抗議で包囲しよう! 動員を拒否した医療労働者、教育労働者、自治体労働者こそ街頭にうって出よう! 開会式当日、すべての怒りを7・23渋谷デモへ! 職場、学園、地域の仲間に行動を呼びかけ、実力で五輪を粉砕しよう! われわれは青年・学生の最先頭で共に闘うことを宣言する!

カテゴリー: その他 | コメントする

「外環の渋滞エグい」SNSに悲鳴 五輪の交通規制で

「外環の渋滞エグい」SNSに悲鳴 五輪の交通規制で

配信

朝日新聞デジタル

首都高の利用抑制のために各所で入り口が閉鎖された。下り線に入る「池尻入り口」そばの国道246号では、夕方にも渋滞が発生した=2021年7月19日午後5時56分、東京都世田谷区、大山稜撮影

 東京五輪・パラリンピック開催に向けた大規模な交通規制が19日早朝、始まった。都内の首都高では、基本料金を日中~夜間は1千円値上げし、深夜~未明は半額にする「ロードプライシング」が実施され、値上げされた首都高を避けた車が一般道に集中。SNSの投稿からも、その混乱ぶりがうかがえた。

 「外環の渋滞エグいな」。19日午前7時台につぶやかれたツイートを皮切りに、交通の混乱ぶりをつぶやくツイートが増えた。

 SNS分析ツール「ブランドウォッチ」でツイッターを調べると、リツイートを含め1日1万件前後で推移していた「渋滞」を含むツイートが、19日正午をピークに、19日から20日午後2時までに約4万2千件つぶやかれた。

 どんな言葉とともにつぶやかれたのかを見ると、最も多かった「首都」「値上げ」の後に「一般」が約1万件と続いた。「首都高が値上げした結果、環七と国道20号、国道246号が一般道とは思えないレベルで渋滞」など、首都高を避けた車によって一般道が渋滞していることを伝える内容が多く見られた。

朝日新聞社

カテゴリー: その他 | コメントする

五輪渋滞、食にも影響 豊洲市場周辺も「機能不全」

五輪渋滞、食にも影響 豊洲市場周辺も「機能不全」

配信

朝日新聞デジタル

渋滞する晴海通り=2021年7月21日午前8時0分、東京都中央区晴海3丁目

■「市場周辺は機能不全」

■共同配送、3~4時間遅れも

カテゴリー: その他 | コメントする

東京都で新たに1979人の感染確認 20代658人、30代399人 65歳以上の高齢者は66人

 

東京都で新たに1979人の感染確認 20代658人、30代399人 65歳以上の高齢者は66人

配信

ABEMA TIMES

東京都で新たに1979人の感染確認

 東京都がきょう確認した新型コロナウイルスの新たな感染者は1979人だった。3日連続で1000人を超えた。

【映像】五輪関係者新たに12人感染 計91人に  

 感染が確認されたのは10歳未満から100歳以上の1979人で、前週の木曜日と比べて671人増えた。直近7日間の1日あたりの平均は1373.4人で、前週と比べて155.7%となっている。

 年代別では20代が最も多く658人、次いで30代が399人、40代が314人、50代が246人。重症化リスクが高い65歳以上の高齢者は66人だった。重症の患者は前の日から1人増えて65人となった。 (ANNニュースより)

カテゴリー: その他 | コメントする

ベトナム人技能実習生・新生児「死体遺棄」事件   7月20日熊本地裁有罪判決に強く抗議する声明

                                                                          2021年7月20日
  ベトナム人技能実習生・新生児「死体遺棄」事件
  7月20日熊本地裁有罪判決に強く抗議する声明
       外国人技能実習生問題弁護士連絡会
                  共同代表 指宿 昭一
                  共同代表 小野寺 信勝
                  共同代表 大坂 恭子
                  事務局長 髙井 信也
 本日、熊本地方裁判所において、22歳のベトナム人技能実習生女性(以下、単に「実習生」という)が、死体遺棄罪で有罪判決を受けた(以下「本件」という。)。起訴状によると、実習生は、2020年11月、自宅で死産した双子の新生児の遺体を段ボール箱に入れて部屋に放置したとされている。
 訴訟では、検察側は「妊娠から遺体の放置まで一連の行為は、帰国を恐れ事実を隠そうとするもの。段ボールに入れ放置したのは社会通念上認められる埋葬方法ではなく死体遺棄罪が成立する」として死体遺棄罪の成立を主張し、他方、弁護側は「実習生の行為は我が子に対する愛情による埋葬を前提とした安置。実
習生のベトナムの故郷では土葬が一般的で、適法の安置行為だった」と無罪を主張していた。実習生も「我が子を捨てるつもりはなかった」と話していた。ところが、裁判所は、弁護側の主張を排斥したものである。
 そもそも技能実習生が妊娠して出産することも、人が人として生きる上で当然に認められるべき権利である。にもかかわらず、技能実習生の女性が送出機関等により妊娠、出産を禁止されるルールを押し付けられ、妊娠、出産した実習生が、受入れ企業を離脱したり、出産した乳児を置き去りにせざるを得ない状況に追い詰められる事件が相次いでいる。これらは、妊娠、出産すれば、自己の意に反して強制帰国させられるとの恐怖を背景にしている。
 本件の実習生も、雇い主、監理団体から妊娠の有無について尋ねられたうえ、監理団体から「妊娠などしないように」と指示されていたという。このように実習生には、意に反することを強制されていたという点で被害者としての面があるのに、これを無視して刑事責任を問うこと自体に本件判決の大きな問題がある。次に、本判決は、刑法の解釈の観点からも問題がある。本件が有罪として確定してしまうと、技能実習生のみならず孤立出産(死産)した全ての女性が、出産後の身体への多大な負担にもかかわらず、出産当日に埋葬に向けた法的に正しい手続きに着手しないと死体遺棄罪に問われることになりかねない。実際、本件で実習生が遺体を自宅で保管したのは死産した15日午前9時から翌16日の午後6時までに過ぎない。本件判決は「遺棄」行為を無限定に拡大するものであり、孤立出産に伴う死産事案のほとんどが犯罪とみなされてしまいかねない点でも問題が大きい。
 また、異国の地で言葉も地理も社会システムも分からずに独りで出産し、かつ地元にある限られた品々で埋葬の準備を行った実習生を罪に問うというのは、病者に鞭打つ行為に等しい。実習生は、死産当日は体力的・精神的に疲弊していたのであるから、実習生には、死産となった子の埋葬方法について、出産当日に直ちに正しい判断を行う期待可能性は無かったというべきである。本件は、この点からも刑事責任を問うことができる事案ではないことは明らかである。
 当連絡会は、妊娠、出産すると強制帰国させられるという技能実習生のおかれた状況を無視し、また孤立出産した女性を広範に犯罪者と扱うおそれのある本件判決に強く抗議するものである。
また、本件は、既に述べたとおり、技能実習生の妊娠・出産の制限という極めて大きな人権上の問題を含むものであって、人権侵害の温床となっている技能実習制度の構造的問題の現れであるから、当連絡会は、併せて、改めて技能実習制度の廃止を強く求めるものである。
                          以 上

 

カテゴリー: その他 | コメントする

品川区オリンピック聖火セレモニー抗議行動に参加しました!

カテゴリー: その他 | コメントする

韓国だけじゃない…米選手団も独自の給食センター「食料32トン、7000食提供」=韓国報道

韓国だけじゃない・・・米選手団も独自の給食センター「食料32トン、7000食提供」=韓国報道

配信

WoW!Korea

韓国だけじゃない…米選手団も独自の給食センター「食料32トン、7000食提供」=韓国報道(画像提供:wowkorea)

カテゴリー: その他 | コメントする

【東京五輪】宮城で有観客開催がスタート ネットでは不安の声も

【東京五輪】宮城で有観客開催がスタート ネットでは不安の声も

配信

東スポWeb

中国―ブラジル戦をマスク姿で観戦する観客(ロイター)

 東京五輪の有観客開催が宮城で21日にスタートし、不安と批判が殺到している。

 宮城スタジアムではサッカー女子1次リーグの中国―ブラジル戦、英国―チリ戦の2試合が有観客で開催された。当初は6000人程度の集客が見込まれていたがキャンセルが相次ぎ、約3000人の観客が見つめる中で試合は行われた。

 一般客を入れての有観客開催は宮城と静岡のみで、新型コロナ禍の影響もあって競技開始前から県内外で批判が高まっていた。それでも有観客開催を貫いて強行されたことで、ネット上では早くも批判が渦巻いている。

「宮城県で有観客で五輪始まったけど絶対コロナ増えるだろうな」「宮城、感染爆発かな」「宮城の9月は今の東京になる」などと今後の同県内での感染拡大を危惧する声が続出。宮城では東日本大震災が起きて10年を迎えた3月11日前後に県外からの来訪者が増えたことで新型コロナ感染者も急増した苦い経験があるだけに、不安の声も当然だろう。

 さらに「村井知事は県民のことも五輪関係者の事も考えてない」と有観客開催を強行した村井知事にも矛先が向けられている。

 すでに五輪関係者の間で感染者が続出している〝東京五輪パンデミック〟は宮城にも拡大してしまうのか。不安は高まるばかりだ。

東京スポーツ

カテゴリー: その他 | コメントする